ハロウィンってはたして日本に必要なのか、年々問に見紛う

起きてまだ備え体操、柔軟体操を通してジョギングをしました。これは毎日のワンパターンなのでなんでも無く当たり前のようにこなしました。帰ってきてTVを所けるとハロウィーンの催事で某東京は賑わしていました。
私は思うのですがここは国内なのになんでにというのと東京が埃で溢れてる景色をみて今の邦人はただただ影響されやすいのと礼儀が乏しい一団だと思えてしかなかったです。冷めた照準でしか雑誌を見ることができませんでした。冷めた雑誌というとサッカーの国内先頭もそうです。ワールドカップファイナル予選で国内が引き分けか負けるとユーザー挙ってアスリート誰々がどうしてとか、プロデューサーがどうしてで悪賢いとか一気にコメントに走ります。私は見ていて邦人は侘しいなあしみじみ思います。因みに私は生粋な邦人です。外国だってワールドカップに現れるために日毎精一杯お客様世界を研究して練習をしているのに何処いつの世界は格下だから勝って明々白々ですみたいなことを見て掛かる第三者は一気にいいます。またそれを仲間内だけにすればいいのをネットでツィッターなどで親の仇敵みたいコメントの報告を掲載したりもします。それを見るたびにしょうもないなあ。では自分がエースになってやればいいのにとたた思います。第三者を簡単に批判するのは安い自分だと私は小さい頃から習ってきました。ましてや国の先頭ですし日本には国内あり方があると思います。それにハロウィーンだからといって国内が邦人が騒ぐ利点も解釈ができません。ハロウィーン伝統的なカルチャー知っていて類推グループしたり近所にお菓子をもらいに行ったりするなら分りますが知らない人からみたら何みたいになるだけで不具合だ。animals-biofilm.com/